2018/09/27

no-title

サイトTOPの更新が完了しました。
本当はもう少し何日かあとにやろうと思ってたんですが…。
昨日具合が悪くて reverse したので、今日は一日活動できず 暇だったからやってしまった
などと供述している模様。
犯人は身柄を 通りかかった猫2匹に拘束されました。

冗談はさておき、布団の上が狭い…。

ここも更新停止ですー。わざわざ見てくれた人ありがとう。
posted by k_n | Comment(0) | 日記

2018/09/23

no-title

よーし、やっぱりサイトやめよ。
ちゃんとしたお知らせは サイトTOPに10月のはじめまでを目標に書こうと思いますが、
サイト自体が消えるのは12月の末だと思うぞ。(※さくらサーバーの契約の都合)

今度は名前を変えて、Twitterあたりで絵を上げるようにしますが、行き先は告知しないよ。
iPad Proを買えたらTwitterでお絵描き垢作って活動する予定なので、その新しい活動が安定するまではちょっと期間が空くよ。(※いまでも探そうと思えば探せるゲーム垢、そのままゲームのつぶやきのためにつかうので 生きているのはチェックできる)
そのうちサイトに上げていたのと同じ絵をUPするか、似たジャンルで描くだろうから 特定しようと思えばすぐ特定できると思う。
というわけで、探したいという奇特な人は 来年の春か秋か… すごくひまな時に探してみてください。
私がサボってなければ見つかるはず。こういうと隠れんぼみたいだなー。

まあ あまりに見つけられないなら Twitterのゲームつぶやき垢に聞いて貰えれば たぶん教えます。最終手段。
ちなみにゲームつぶやき垢は前からあったけれど 名前が違う。
でも探そうと思えば簡単に探せます。例えばpixivで絵が探せれば 違う名前が分かるし、他にももっと簡単に探す手段がある。
ヒントはわたしは古い人間ですから やり方が古典的であることと、探すのは名前だってこと。
posted by k_n | Comment(0) | 日記

2018/09/22

no-title

掃除用具のぱくぱくローラーが驚異的すぎて、たまげた昨日。
掃除機かけてもとれないほど頑固だったカーペットゴミ(というか主に猫の毛)が すんなりとれた…。
出てきたゴミはマットみたいだったよ。

アマゾンでベストセラーに入ってから、急激に値下がりしていくから気になっていたんですが、これは売れるからあえて値を下げたんだな。
こういうのは怪しいから ドブに捨てるつもりで買ったけれど、北海道のカーペット生活で 猫飼ってる人には大正解だった。
今年買ってよかったものナンバーワンになりそうだ…。
posted by k_n | Comment(0) | 日記

2018/09/21

no-title

ここだけの話、無双斬のクエストクリア時のガチャ用&育成用報酬の渋さはなかなか珍しいレベルだと思うので、
このままの調子だと 日本からは数年で撤退するかもしれない。
無課金はもちろん、微課金でも生息できない気がする。
札束が要る。……まあ運営的には札束さえあれば大丈夫か?

問題点を書き出すと…
・強くならなくても良いや というスタンスだとすぐに詰むことになる。弱いまま(敗退するなど)では報酬が貰えない
・では鍛えよう と思っても キャラの上限突破が容易じゃない
・装備育成アイテムもそうそう集まらないので鍛えられない
・キャラには レアリティ+質+属性といった組み合わせがある。
レアリティによって技の所持数が違う。質は(多分)ステータスに関わる。
属性は敵との相性に関わる。
結局 ガチャを引けないと詰むし、強いの引けなくても詰む
・しかしクエストクリア時のガチャ用の報酬配布が極端に少ない。普通のソシャゲと比べたら 桁が一つ少ない感じ。
よってそもそもガチャを引けなくて詰む。
・じゃあオートでレベル上げすれば良いじゃん!と思っても経験値もそんなにおいしくないのでとても詰みやすい
・救済か?!と思ったイベントは、期間が短く、交換アイテムがなかなか溜まらない(やっぱり体感 一桁少ない)のであまり助けにならない

そんな感じかなあ…
ちなみにわたしは、チャレンジモードを開放しつくして、ストーリーは李典と戦う辺りで詰みました。
難易度変えて出来るところをやり尽くしても、キャラガチャ2連が限界だった。(そういえば 装備ガチャとキャラガチャが別なのも考えると相当渋いかも…)
ギルドとか怖がらない人ならその時点で3連くらいまでいくのかもなあ。

なんにせよ、システム周りは良いゲームなだけに、遊ぶ対象に考えられていないようで残念だ…。
マハラジャに生まれてたらなあ。
posted by k_n | Comment(0) | 日記

2018/09/20

no-title

物事の正否よりも まずは相手の感情を見ることが出来ないと、人間関係は簡単に崩れる。
posted by k_n | Comment(0) | 日記